胸が小さい理由。食べ物や遺伝などの関係性は?

 

胸が小さいことを悩んでコンプレックスになっている女性は、非常に多いです。

 

 

そこで胸が小さい理由や原因や、その改善策についてお教えします。

 

 

胸が小さい女性は、ここでご紹介した内容を理解し、バストアップを頑張ってください。

 

 

まず、胸が小さい女性の共通点は、下記になります。

 

 

共通点を知ることにより、そこからの対策が見えてきます。

 

 

 

姿勢が悪い

 

胸が小さい女性は、姿勢が悪く、猫背である場合が多いです。

 

普段からの姿勢が悪いと、胸が下を向き、バストが垂れる原因にもなってしまいます。

 

姿勢が悪いと血行が悪くなり、胸に栄養が届かなくなる原因にもなります。

 

バストアップのためには、姿勢を改善する必要があります。

 

姿勢を治すことで、バストに栄養が行き渡り、胸が大きくなります。

 

 

 

偏った食生活

 

ジャンクフードの食べ過ぎや、炭水化物や油物ばっかりや、お菓子ばっかり食べる等、バランスの悪い食事をしている女性は、要注意です。

 

偏食が多い女性は、胸が大きくならない可能性があります。

 

バランスの良い食生活は、バストアップに効果的です。

 

胸を大きくするためには、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

 

 

冷え性

 

冷え性は、体全身の血行を悪くします。

 

ですので、姿勢が悪く、冷え性の女性は注意が必要です。

 

また、冷え性は、ホルモンバランスの乱れにも影響します。

 

体が冷えることで、自律神経が乱れ、その結果、女性ホルモンが乱れてしまうのです。

 

女性ホルモンの分泌が悪くなると、胸が大きくなりません。

 

 

 

不規則な生活や睡眠不足

 

不規則な生活や、睡眠リズムの乱れは、女性ホルモンの分泌が正常に行えません。

 

特に、10代の時期にそういった不規則な生活をしている場合は、注意が必要です。

 

バストアップのためにも、普段からの生活を見直し、しっかりと睡眠をとるようにしましょう。

 

 

 

遺伝

 

胸が小さい理由は、遺伝によるものだと勘違いしている女性は非常に多いです。

 

胸の大きさを決める要因は、たくさんあり、遺伝は、その中の1つの要素でしかありません。

 

ですので、母親の胸が大きくても、娘が小さい場合もありますし、姉妹でも、胸の大きさが全然違う場合があるのです。

 

胸の大きさを決める要因は、むしろ遺伝よりも、生活習慣の方が大きな要因なのです。

 

ですので、遺伝だと諦める前に、まずは普段からの生活を見直し、規則正しい生活を心がけましょう。

 

 

 

 

どうですか?

 

あなたは、これらの共通点にどれか当てはまりましたか?

 

もし、当てはまるようでしたら、胸を大きくしたいのであれば、改善が必要です。

 

 

 

では、どうすればバストアップするの?

 

乳腺を大きくすれば、バストは大きくなります。

 

 

女性ホルモンの分泌を活発化させると、乳腺が発達し、胸が大きくなるのです。

 

 

それは、バストをマッサージすることで、リンパ線やツボを刺激し、女性ホルモンを活発化させる方法です。

 

 

そして、バストアップのためには、老廃物の排出が重要です。

 

 

ですので、マッサージによって、この老廃物も排出する必要があります。

 

 

具体的にはどんなバストマッサージがいいのか。

 

 

オススメなのは、バストあっぷるんというバストアップマッサージ法です。

 

 

バストあっぷるん口コミ・購入

 

 

バストあっぷるんは、バストアップのスペシャリスト戸瀬恭子さんのバストアップ法です。

 

 

戸瀬恭子さんは、テレビや多くのメディアで取り上げられるほど、有名なバストアップの専門家なのですが、このバストあっぷるんは、本当に驚くべきバストアップ効果を発揮しています。

 

 

戸瀬恭子さんが、その場で、バストアップマッサージをした芸能人やモデルの方が、一瞬でバストがアップしています。

 

 

非常に理にかなった内容で、成功者も多く、口コミでも評判です。

 

 

胸が大きくなりたい女性は、一度チャレンジしてみて下さい。